手続・届出【パスポート】

記載事項変更旅券

氏(結婚等により)、本籍地等の変更が日本の戸籍上にあった場合、新たな旅券の申請が必要となります。記載事項変更旅券は、現有旅券と有効期間満了日が同一となるパスポートを新しく発行するものです。申請後、問題がなければ5業務日以降に新旅券を交付いたします。来館予約は不要です。 申請には、総領事館旅券窓口で以下の必要書類をご提出ください。
※現有旅券の残存期間に関わらず、旅券の新規発給をうけることもできます。新規発給を ご希望の方は「旅券の切替手続き」をご参照ください。

必要書類

1. 一般旅券発給申請書(記載事項変更用) 1通

この書類はこちらからダウンロードできます。

  • 申請書の郵送を御希望の方は、こちらを御参照下さい。代理申請を行う場合は、必ず事前に申請書を入手し記入したものをご持参ください。
  • 申請書は折り曲げないようご注意ください。
  • 旅券申請者が満20歳未満の場合、法定代理人の署名が必要です。法定代理人の方が遠方に住んでおり申請書にどうしても署名ができない場合、こちらの用紙 PDFへのリンク もご提出ください(原本)。
  • 必ず下記に記載されている注意事項をお読みください。
(非ヘボン式または別名併記をする場合)
  • 非ヘボン式及び別名併記についてはこちらをご参照ください。
  • 申請書裏面の記入が必要です。
2. 現在所持している日本国旅券原本
3. パスポートサイズの写真1枚

下記サイズの顔の大きさであれば米国旅券用の写真でも構いません。

  • 縦4.5cm × 横3.5 cm、顔の大きさ約3.4cm±0.2cm程度、正面、無帽、無背景で6ヶ月以内に撮影したもの。
  • メガネのフレームが目にかかっていたり、ヘヤバンド、イヤリング等大きめの装飾品をつけている場合は再度撮り直していただく場合がありますのでご注意ください。詳しくはパスポート用写真の規格について 外部サイトへのリンク をご参照ください。
  • 裏に日本語で氏名を記入してください。
  • 写真面をクリップで留めないでください。キズが入り使用できなくなります。
  • 米国旅券用の写真を撮られた場合、当館にてカットしますので切らずにお持ち下さい。顔の大きさや背景などに気をつけてお撮りください。
4. 米国滞在許可証(原本)
  • I-94、I-20、DS-2019(旧IAP-66)など
  • グリーンカード (Permanent Resident Card)
  • 旅券申請者の英文出生証明書又は有効な米国旅券の原本(米国籍をお持ちの方)
5. 戸籍謄本又は抄本の原本 1通(発行から6ヶ月以内のもの)

下の注意事項をご参照下さい。

6. 非ヘボン式あるいは別名併記を希望する場合、婚姻証明書又は外国政府発行の公文書で氏名のスペルを確認できる書類(原本)

ソーシャルセキュリティーカード、グリーンカード、米国運転免許証等

注意事項

  • 国際結婚にて日本の戸籍上氏の変更を行っていない場合でも、配偶者の姓を括弧書きで併記することができます。その場合は、配偶者の方のお名前が記載されている6ヶ月以内に発行された戸籍謄本(抄本)の提出が必要になります。
  • 米国内の緊急連絡先(ご自宅以外で勤務先など)と日本国内の緊急連絡先を電話番号、住所、氏名・続柄まで記入できるよう、予めご確認ください。
  • 申請者が満20才未満の場合は、旅券申請書に法定代理人(ご両親など)の署名が必要です。 ただし、法定代理人が遠隔地におられ、申請書に署名できない場合は、「旅券申請同意書」によることも可能です。上記1よりダウンロードしてください。